ニューディアーについて

Photo by Gottingham

ニューディアーは、アニメーションの才能を世界へとつなぐお手伝いをする会社です。プロデュース、配給、映画祭をはじめとする各種イベントの企画・運営、広告用映像の制作・コーディネート、アーティスト・マネジメント、執筆・講演まで、アニメーションに関して思いつくことすべてを、柔軟な発想力を通じて、丁寧に行っていきます。

お問い合わせ

あらゆる件についてのお問い合わせは、お気軽にどうぞ。

contact{atmark}newdeer.net

プロフィール

土居伸彰(ニューディアー代表) 1981年東京生まれ。株式会社ニューディアー代表、新千歳空港国際アニメーション映画祭フェスティバル・ディレクター。ロシアの作家ユーリー・ノルシュテインを中心とした非商業・インディペンデント作家の研究を行うかたわら、AnimationsやCALFなど作家との共同での活動や、「GEORAMA」をはじめとする各種上映イベントの企画、『ユリイカ』等への執筆などを通じて、世界のアニメーション作品を広く紹介する活動にも精力的に関わる。2015年にニューディアーを立ち上げ、『父を探して』など海外作品の配給を本格的にスタート。国際アニメーション映画祭での日本アニメーション特集キュレーターや審査員としての経験も多い。著書に『個人的なハーモニー ノルシュテインと現代アニメーション論』、『21世紀のアニメーションがわかる本』(いずれもフィルムアート社)など。

土居伸彰の主な仕事

映画祭・フェスティバル

  • 新千歳空港国際アニメーション映画祭フェスティバル・ディレクター(2014〜)
  • ザグレブ国際アニメーション映画祭短編部門審査員(2018)
  • アルス・エレクトロニカ コンピュータ・アニメーション部門審査員(2019)
  • 東アジア文化都市2019豊島 マンガ・アニメ部門事業ディレクター(2019)

著作

  • 『個人的なハーモニー ノルシュテインと現代アニメーション論』(2016) フィルムアート社
  • 『21世紀のアニメーションがわかる本』(2017) フィルムアート社

編集・監修

  • 『表象』07号(2013) 特集=アニメーションのマルチ・ユニヴァース(責任編集)
  • 『美術手帖』2020年2月号 特集=アニメーションの創造力(高瀬康司との共同監修)

キュレーション

  • イン・ア・ゲームスケープ ヴィデオ・ゲームの風景、リアリティ、物語、自我(2018-2019)ICC Intercommunication Center (谷口暁彦との共同キュレーション)
  • 冬眠映像祭Vol.1 かいふくのいずみ 〜インディペンデント・アニメーション最前線!〜(2020) 十和田市現代美術館

その他(受賞等)

  • 日本アニメーション学会賞(『個人的なハーモニー ノルシュテインと現代アニメーション論』にて)

株式会社 ニューディアー

株式会社ニューディアー 〒165-0034 東京都中野区大和町3-7-2 増田ビル201

2015年4月設立 代表取締役:土居伸彰

事業内容:国内外のアニメーション映画作品の配給/イベント企画・運営/広告用映像制作・コーディネート/アニメーションに関する各種マネジメント・ディレクションなど