プロジェクトの一覧にもどる

『表象』07号 特集「アニメーションのマルチ・ユニヴァース」

日本 / 責任編集・イントロダクション執筆 / 2013

表象文化論学会の学会誌『表象』のアニメーション特集号において、責任編集とイントロダクションの執筆を行いました。

CREDIT

『表象』07号 特集:アニメーションのマルチ・ユニヴァース
発行:表象文化論学会
発売:月曜社
本体価格1,800円、ISBN:978-4-901477-67-3
2013年4月発売

◆特集◆アニメーションのマルチ・ユニヴァース
イントロダクション(土居伸彰)
対談『アニメ・マシーン』から考える(トマス・ラマール+石岡良治/門林岳史=司会)
インタビュー「交わらぬはずの視線が交わるとき……」(ユーリー・ノルシュテイン/土居伸彰=聞き手)
アメリカの初期アニメイティッド・カートゥーンの「立体感」(細馬宏通)
アニメーションの定義――ノーマン・マクラレンからの手紙(ジョルジュ・シフィアノスによるイントロダクションつき)(土居伸彰=訳)
ロトショップの文脈――コンピュータによるロトスコーピングとアニメーション美学(ポール・ワード/土居伸彰=訳)
ミッキーマウス、ユートピア、ヴァルター・ベンヤミン(『ハリウッド・フラットランズ――アニメーション、批評理論、アヴァンギャルド』より)(エスター・レスリー/城丸美香=訳)
ディズニー(抄訳)(セルゲイ・エイゼンシュテイン/今井隆介=訳)

プロジェクトの一覧にもどる

© New Deer, Inc. All Rights Reserved.